ゆめまに。

(つれづれ)

他人に幸せを委ねること自体がまちがってる

けっきょくじぶんはじぶんでしか満たせないんだから、ひとに幸せを委ねるのはおかしなことだよね、
それで、責めたりとかするの、へんなはなしだとおもう。

さびしくなるのはしかたがないけど、人に自分を預けるのはおかしいや、

くるしいな、
生きづらいよ。泣きたい。

最終的にひとを責めてしまうのなら、だれともふかいかんけいはもたないほうがよいとおもうのです。

無関心同士、利害が一致するから、っていう関係の方が、ぼくはよっぽどすてきだとおもった。

死にたいんです、

腕を、切りたくないわけがないじゃないか。