ゆめまに。

(つれづれ)

適切な自尊心がない

だからだめなんだ、

死にたいと思ってしまう

自分のことを卑下していた方が楽だから?

誰かにかばってもらえるから?

そうやって自尊心のないまま生きていくほうが、自分に責任を持たなくていいぶん楽だから

自分に自信がないから

自分に足りないものはなんなのか

今のままじゃだめだ

変わる自信がない

わたしはわたし以外の誰にもなれない

だから?

だからなに

逃げているだけだ

泣けばすむとおもってる?

ちがう

そうやって闇に堕ちてくほうが楽だから

楽な方に流されているだけ

自分を傷つけるほうが楽だから

誰かに否定される前に傷つけたほうが楽だから

それで得られるものはなに?

歪んだ安心感だけ

自分のやることなすこと全てが嫌に思えて、自分を捨てたくなる

自分が嫌いだから?

自分に自信がないから

いつまで?

そんなにたいそうな人間じゃありませんと

いろんな人と比べて落ち込んで泣くだけ

それは単純に

単純に、なに?

失踪したいと思うのは、

自分の存在に責任を持ちたくないから

自分であることを放棄したいから

そのほうが楽だから

だめな自分を見なくて済むから

自分の指も声も、行動も全てが

だめに思えるそうやって、

適切な自尊心がないまま、

ぼくは泣く

なにも行動しないまま泣く

人と比べる

過去と比べる

自分のことしか見てないようで、自分のことなんて見てない

自信がない

自尊心がない

卑下ばかりしている

よくないとわかっている

理解はしている

ただやめられないだけ

ぼくにはだめなんだと自分で決めつけているだけ

ぼくだからだめなんだと、

じゃあぼくのなにがだめなんだろう、

ああ、ぼくがぼくであることがだめなんだと

自尊心がないから迷いなく自分を全否定できるんだ

記憶喪失になりたいと願うのはその呪縛から逃れることができるから

すべての責任から逃げ出したいから

心を傷めることだけをまるで糧にしてるみたい

誰も幸せにならない

他人を巻き込んで、

暗い場所で膝を抱えてうずくまることでなにが得られるのか

やめたいと思うのに

居心地がいいから逃れられないだけ

向き合うことが怖いから

そうしていつまでいる?

いつまでだろう

命尽きるまで?

愚かだ